拡大する写真・図版 「年忘れコンサート」にのぞむ、高石ともや=2019年11月、大阪市北区

[PR]

 フォーク歌手の高石ともやが年末恒例の「年忘れコンサート」を29日、大阪・西梅田のサンケイホールブリーゼで開く。ゆく年を歌で振り返るステージは、1975年から続く。今月で78歳に。「80歳までが一つの目標。大きくなりたいという思いがいまだにあります」。縁の深かった落語家の故桂米朝を思い浮かべ、にこやかな笑顔をみせる。

 ギター一本、司会者もなしで初めてコンサートを開いたのも、前身のサンケイホール。米朝は新春の独演会を恒例としており、年忘れコンサートを始めた際、同ホールの社長から「このホールの1年は米朝で始まって、お前で終わる。ただの音楽会じゃダメなんだ」と言われたという。

 落語好きで、米朝とは長年交流…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら