[PR]

 安倍晋三首相は2日の参院本会議で、「桜を見る会」の今年の招待者名簿を政府が野党議員から資料要求を受けた5月9日に廃棄したことについて、「野党議員からの資料要求とはまったく無関係であるとの報告を受けている」と答弁した。自民党の森屋宏氏から「野党議員から資料要求があったから名簿を破棄したとの指摘がある」と問われたのに答えた。

 「1年未満」としている招待者名簿の保存期間について、首相は「今後検討していく」とも述べた。