11月の新車販売は12%減 水害影響で大幅減続く

有料会員記事

森田岳穂
[PR]

 11月の国内の新車販売は38万5859台で、前年同月より12・7%減った。10月の24・9%減に続き、2カ月連続で大幅なマイナスとなった。東日本を中心に大きな被害をもたらした台風や大雨の影響が長引いているようだ。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が2日、発表した。

 軽以外は23万8844台で同14・6%減、軽は14万7015台で同9・4%減だった。9~10月の災害で販売店への客足が鈍ったり、販売店が被災したりした影響が遅れて出てきているとみられるという。

 一方、10月の消費増税の影…

この記事は有料会員記事です。残り228文字有料会員になると続きをお読みいただけます。