[PR]

 財務省が2日発表した法人企業統計で、7~9月期の国内企業の売上高は、全産業(金融・保険業を除く)で前年同期より2・6%少ない349兆4974億円となり、四半期としては3年(12四半期)ぶりに減った。設備投資は12四半期連続で増加し、堅調さを維持した。

 製造業の売上高は1・5%減で、2四半期続けて減った。米中貿易摩擦を受け、海外向けの産業機械やスマートフォン向け電子部品が不振だった。

 非製造業は3・1%減で12四…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら