【動画】出港前に物資が積み込まれた=中山由美撮影
[PR]

 南極観測船「しらせ」は2日、61次観測隊(青木茂隊長)の67人を乗せ、南極へ向けて豪州西海岸のフリーマントル港を出発した。今月半ばには南極大陸のトッテン氷河に近づいて観測を始める。昭和基地に入るのは来年1月初旬になる予定だ。

 フリーマントル港には、観測隊の家族や関係者がおおぜい集まった。隊員たちは、甲板に並んで手をふって別れを惜しんだ。「涙が出ました」。越冬隊電気設備担当の村松浩太さん(関電工出身)はこみ上げてくる思いを語った。庶務の吉井聖人さん(宮崎大)は「やっとスタートライン、緊張します」と話していた。(しらせ船上=中山由美