[PR]

 2016年度の福岡県立八幡南高校(北九州市八幡西区)の推薦入試をめぐり、特定の受験生を推薦する請託を受け、飲食の接待や商品券を受け取ったとして、県警は2日、当時、同校の教諭だった本田竜大容疑者(40)=福岡県直方市感田=を受託収賄の疑いで逮捕し、発表した。「事実その通りで間違いない」と容疑を認めているという。

 発表によると、本田容疑者は15年8月中旬ごろ、同校にスポーツ推薦入学を希望する特定の受験生の男子生徒の父親から、サッカー部顧問推薦枠で推薦するよう頼まれ、県内の複数の飲食店で飲食の接待(計2万数千円相当)を受けた疑いがある。また、合格発表後の16年3月下旬ごろには、推薦の謝礼として同様に飲食の接待(同)を受け、全国百貨店共通商品券100枚(計10万円)を受け取った疑いがある。

 贈賄側の時効(3年)は成立しているが、父親は任意の調べに対し、事実関係を認めているという。

 本田容疑者は当時、サッカー部顧問として、同校の推薦入試で部活顧問推薦手続きに関わっていた。昨年4月からは、県立鞍手竜徳高校(福岡県宮若市)の教諭でサッカー部の顧問を務めている。

 福岡県教育委員会教職員課の担当者は「教諭が逮捕されたのは誠に残念。事実確認をし事実であれば厳正に対処して再発防止策をとっていきたい」と話した。(横山翼)