[PR]

 「2019ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞にチームのスローガンだった「ONE TEAM(ワンチーム)」が選ばれたことを受け、ラグビー日本代表の主力として活躍したパナソニック所属の3選手が2日、感想を語った。

 フッカーの堀江翔太選手は「えー、すごい」と驚いた後、「ラグビー界では、けっこう使ってきた言葉。日本代表のものになっているが、ラグビーに焦点が当たり、大賞となるのはうれしい」と話した。

 海外出身選手も多かった日本代表は猛練習を繰り返し、日本の文化や歴史も一緒に学びながら高めてきた経緯がある。「言葉を使えばワンチームになれるというわけではない。どういうふうにワンチームにするかが大事で、中身をしっかり考えて使ってほしい」と続けた。

 プロップの稲垣啓太選手は、自身を指す「笑わない男」が新語・流行語の候補に挙がっていたが、ワンチームの受賞を喜んだ。「4年間作り上げたチームカルチャーが全国の皆さんに認知されてうれしい。一過性で終わらないように取り組んでいきたい」と次を見据えた。

 ウィングでワールドカップ(W…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら