拡大する写真・図版 林嘉鈞さんが描いたイラスト。香港理工大学近くの壁に張られていた=11月26日、香港・尖沙咀東、西本秀撮影

[PR]

 反政府デモが続く香港情勢が、来年1月11日の台湾総統選の様相を一変させている。台湾に統一を迫る中国への警戒感が高まり、歯切れ良く「一国二制度」を拒否する現職の蔡英文(ツァイインウェン)総統(63)の支持率が急回復。香港と同じく若者が世論を引っ張っている。(台北=西本秀

 香港区議会選で民主派が圧勝した直後の11月26日。学生が立てこもりを続けていた香港理工大学そばの街角に、あるイラストが張り出された。

 誰もいない子供部屋に入った母親が、選挙結果について「これで慰めになるよね」とつぶやく。がらんとした部屋は、デモに関連して亡くなったり拘束されたり、現場に残り続けたりしている学生を暗示する。

 作者は台湾のデザイナー林嘉鈞さん(25)。香港情勢を題材にした作品を以前からフェイスブック(FB)に発表し、区議選当日も台北でニュースを見守りながら投稿。台湾や香港から約10万の「いいね」が集まり、拡散し、香港の街に掲げられた。

 台湾の若者が香港のデモに共鳴する背景には、統一をめざし台湾に圧力をかける中国への警戒感がある。

 中国の習近平(シーチンピン)・国家主席が、香港に適用する一国二制度の「台湾モデル」を模索すると演説したのは今年1月。その香港で6月から本格化したデモを、香港政府はときに実弾を使って抑え込んだ。一国二制度の現実を、台湾の人々は隣で見せつけられている。

 林さんは今回、イラストと共にFBにこう記した。

 「火の手が家の前に迫っている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら