[PR]

 トランプ米大統領は2日、ブラジルとアルゼンチンを鉄鋼・アルミ製品の追加関税の対象にするとツイッターで明らかにした。両国通貨がドルに対し下落していることを理由に「直ちに発動する」とした。

 トランプ氏は2018年3月、中国や日本などに対して安全保障を理由にした鉄鋼・アルミ製品の追加関税を発動。ブラジルやアルゼンチンなどは輸出制限の受け入れなどと引き換えに除外した。トランプ氏はツイッターで「ブラジルとアルゼンチンは通貨切り下げをすさまじい規模で進めてきており、米国の農家にとって望ましくない」と主張。即興的なトランプ氏の通商外交の典型と言えそうだ。

 ツイートでは続けて、米連邦準備制度理事会(FRB)に対し「他国が通貨を切り下げてドル高につけ込むことがないよう、FRBも(そうした他国と)同じように行動すべきだ」と述べ、「利下げと金融緩和」を進めるよう改めて要求した。(ワシントン=青山直篤)