[PR]

 米ゼネラルモーターズ(GM)の日本法人は3日、高級車「キャデラック」ブランドの新しい大型SUV(スポーツ用多目的車)「XT6」を発表した。3列シートの6人乗りで、豪華な内装が特徴。4輪駆動で、排気量3.6リットルのV型6気筒ガソリンエンジンを搭載する。緊急ブレーキや車線保持システムなどの安全運転補助機能も備える。車体の大きさは全長×全幅×全高=5060×1960×1775(単位ミリ)。左ハンドルのみで、価格は消費税込み870万円から。

 XT6は、キャデラックブランドのSUVで最も大きい7人乗りの「エスカレード」と、5人乗りの「XT5」の中間にあたり、日本では大型サイズだ。同様の大型・高級SUVは欧州メーカー各社も日本市場に投入し、高級セダンの購入層を取り込んでおり、競争が激しくなっている。

 XT6の内装は本革シートやウッドをあしらった運転席周りのパネルなどで高級感を強調。シートは2列目が独立した2座席、3列目はベンチ式の2人がけ。カーナビゲーションシステムも搭載し、米音響機器メーカー「ボーズ」のスピーカーが室内に14個設置されている。

 GM日本法人の若松格社長は「クラストップの室内空間を備えている。米国らしく、様々な人に対応したアメリカンラグジュアリーカーだ」と語った。

 GM日本法人は来年には、キャ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら