写真・図版

[PR]

 ぺんてるの株式をめぐり、文具業界内での奪い合いが激しくなっている。敵対的買収に乗り出したコクヨに対抗し、ぺんてる経営陣から依頼されたプラスも買い取りを開始。両陣営は、非上場会社のぺんてるの株主に対して株の売却を求めている。それぞれ9、10日を期限としているが、どちらも過半数をとれずに混乱が続く可能性もある。

 「私がぺんてる経営陣の決定に賛同することに全く変更はない」。朝日新聞が入手したぺんてるの株主あての手紙には、同社の元役員の直筆とされる言葉が1日付で書かれていた。

 だがこの直前には、コクヨ側を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら