[PR]

 先日、1年の締めくくりとして「FC町田ゼルビア2019シーズン終了感謝イベント」を開催しました。写真撮影会やサイン会のほか、選手と一緒にサッカーをする「ふれあいサッカー」を実施。過去最多の約1100人が集まり、大勢の皆様と交流を深めることができました。

 会場は、南町田グランベリーパーク内の鶴間公園運動広場でした。駅に直結する同パークは、11月にできた新しいショッピングモール。町田南部だけでなく、東京23区、横浜市、相模原市、川崎市などの皆さんの新しいエンターテインメントスポットになっています。

 ショッピングセンター内を選手、監督でフラッグを振りながら練り歩いたのですが(混乱を考え、非公表でした。サポーターの皆様、ごめんなさい)、反応を見ると、ゼルビアのことを知らない方が多い印象。町田市の調査では、市民の認知度は93%ですが、南町田エリアではまだまだその数字に及ばない状況です。サポーターを増やすために、今後も南町田グランベリーパークと連携したイベントを行っていく予定です。(FC町田ゼルビア 近藤安弘・広報・プロモーション部長)

こんなニュースも