[PR]

 東京都東久留米市の住宅で住人の男性が刃物で殺害され、内縁の妻の次男で、市内で別居する無職三ツ本寛己容疑者(28)が逮捕された事件で、三ツ本容疑者が窓を割って侵入する手口をインターネットで検索していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 住宅は窓ガラスが割られ、部屋中が荒らされていた。三ツ本容疑者は合鍵を持っていたといい、警視庁は遺体の状況から、当初から殺害を目的としながら、第三者の空き巣や強盗による犯行に偽装し、自らに容疑が及ぶのを避けようとしたとみて調べている。

 三ツ本容疑者は11月8日未明から早朝、住宅の寝室で、会社員の二岡(ふたおか)一浩さん(55)を刃物で刺すなどして殺害したうえ、金品を奪おうとしたとして、強盗殺人容疑で2日に逮捕された。

 捜査関係者によると、同庁が三ツ本容疑者のネットの検索履歴を解析したところ、窓ガラスを熱して割る「焼き切り」と呼ばれる手口を調べた形跡が確認されたという。現場の住宅も1階掃き出し窓が同様の手口で割られ、開けっ放しにされていた。二岡さんは首や胸、腹の約70カ所を刺されたり切りつけられたりしていたという。