[PR]

 大分県竹田市が、市内の日常生活でありがちな光景をとらえた「竹田あるある」を募集している。30作ほどを選び、浮世絵調の絵で人気のイラストレーター山田全自動さんが、無料通信アプリ「LINE」のスタンプ(有料)を作成。広く利用してもらって市のPRにつなげる。

 募集しているのは、竹田の「あるあるネタ」やユニークな方言(10字以内)。特に岡城跡や城下町に関連したものを募っている。特設サイト(https://www.taketan.jp/linestamp/別ウインドウで開きます)か、同市会々の「花水月」内にある市観光ツーリズム協会で入手できる用紙で応募する。締め切りは31日。

 山田全自動さんは独特の和風イラストと、日常生活での「あるある」を絡めた作品を、ツイッターやインスタグラムで連日発表している。市は「幅広い層に人気があり、作風も城下町・竹田に合う」と起用。応募者先着100人には、オリジナルイラストのステッカーを贈る。スタンプは来年3月中旬ごろの発売をめざしている。

 問い合わせは竹田市観光ツーリズム協会(0974・63・0585)へ。(寿柳聡)