[PR]

 函館から遠隔地に引っ越しを余儀なくされた石川啄木(1886~1912)の歌碑がこのほど、17年ぶりにゆかりの北海道函館市に戻った。「『漂泊の歌人』らしく碑もさまよったけれど、函館に帰って来られてよかった」と啄木ファンたちも喜んでいる。

 啄木が函館時代に暮らしていたのが、「函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花」と詠んだ函館市青柳町。居住地跡の近くに住んでいた陶芸家が1986年、啄木生誕100周年を記念し、啄木愛好家らに呼びかけて自宅敷地内に歌碑を建てた。

 その後、事情があって立ち退かざるを得なくなり、2002年に歌碑も撤去された。処分話も上がる中、合併前の旧椴法華(とどほっけ)村の住民が譲り受け、自宅前に立てて保管していたという。

 「このままでは永久に行き場を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら