[PR]

 インドネシアの首都ジャカルタの独立記念塔広場で3日午前7時15分(日本時間同9時15分)ごろ、爆発が起き、国軍兵士1人が重傷、1人が軽傷を負った。警察は、テロの可能性を否定した。

 警察や国軍の会見によると、広場の北部で、兵士が発煙弾を見つけ、手に取ったところ爆発。この兵士が大けがを負い、付近にいたもう1人も負傷した。兵士らは軽装で、毎朝の体操のため広場に集まっていた。発煙弾の持ち主や放置された経緯は捜査中だが、テロの可能性を報道陣に問われた警察は「事故で、特別な状況ではない」と否定した。

 独立記念塔広場は、国内外から大勢の訪問がある観光名所で、大統領府にも近い。広場では2日に、ジョコ政権に反対するイスラム保守勢力の大規模な集会があったこともあり、発生当初は、警察が付近の道路を規制して厳重警戒にあたった。(ジャカルタ=野上英文