[PR]

 野球殿堂博物館は3日、2020年野球殿堂入りの候補者を発表した。競技者表彰は、現役引退後5年以上が対象となるプレーヤー表彰の候補者に中村紀洋氏、稲葉篤紀氏ら4人が新たに加わり、計21人。引退後21年以上が対象で監督、コーチの実績も加味されるエキスパート表彰の候補者には佐藤義則氏、達川光男氏ら3人が加わり計16人。いずれも競技者表彰委員会の幹事会で決まった。

 今年から候補者の公表を始めることになった特別表彰は、阪神の応援歌「六甲おろし」や夏の高校野球大会歌「栄冠は君に輝く」などを作曲した故・古関裕而氏らが新たに候補入りし、「ドカベン」などの野球漫画で普及に貢献した漫画家の水島新司氏らを含めて10人となった。特別表彰候補者選考委員会で決まった。

 殿堂入りは来年1月14日に発…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも