[PR]

 新しい国会議員宿舎の家賃はおいくらに――。参院議員向けの新宿舎が来年2月に完成するのを前に、参院議院運営委員会で家賃が議題となっている。自民党は別の宿舎と同基準にする案に加え、「議員特権」批判を意識して値上げ案も提示。9日に閉会する今国会中に結論を得たい考えだが、いずれにしても周辺相場からすると「格安」であることは変わりない。

 議員宿舎は遠隔地に自宅がある議員が利用できる。参院は総工費約50億円をかけ、東京・紀尾井町に8階建ての「清水谷議員宿舎」(56戸)を建設中だ。議員が住む部屋は3LDK(81平方メートル)と1LDK(56平方メートル)の2種類を用意。老朽化した旧宿舎を建て替えたもので、地下鉄の麴町駅や赤坂見附駅にほど近い好立地にある。

 自民が2日の参院議運委で野党側に提示した家賃案は、国家公務員宿舎法施行令に基づき算出した。

 別の宿舎と同様の計算式を使っ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら