【動画】AIBOのお葬式でAIBOも読経 千葉県いすみ市=稲田博一撮影
[PR]

 千葉県いすみ市大野の光福寺で、ソニー生まれのロボット犬AIBO(アイボ)の「葬式」があり、56台のアイボが祭壇に並べられ、元の持ち主らも参加して「供養」された。

 主催したのは旧型アイボの修理をしているア・ファン(本社・千葉県習志野市)。ソニーの元技術者らでつくる電気機器の修理会社だ。旧型アイボは1999年から約15万台が販売された。昨年1月からは新型AIBOが販売されているが、乗松伸幸社長(64)によると、今も高齢者を中心に、古いアイボを修理して欲しいとの要望が来るそうだ。

 「葬式」は、部品を提供するため解体されるアイボと、その持ち主の心を慰めようと、2015年1月から始めた。10月10日にあった8回目の「葬式」では、ロボットが開会のあいさつをし、AIBO2台がお経を読み上げた後、大井文彦住職(67)が読経した。

 この「葬式」の縁で、乗松さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら