[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務をめぐり、約155万円相当の飲食接待などを受けたとして、収賄罪に問われた文部科学省前国際統括官・川端和明被告(58)に対し、東京地裁は4日、懲役1年6カ月執行猶予3年、追徴金約155万円(求刑懲役1年6カ月、追徴金約155万円)の判決を言い渡した。

 西野吾一裁判長は「幹部官僚の自覚を著しく欠き、職務の公正さに対する国民の信頼を大きく損なった」と指摘した。

 弁護側は、コンサル会社元役員の谷口浩司被告(48)=贈賄罪などで起訴=から接待を受けたことは認める一方で、賄賂性の認識を争い、無罪を主張していた。だが、判決は「私的な交友関係の範囲を逸脱した飲食の提供であり、便宜の対価だと難なく認識できた」と退けた。

 判決によると、川端前統括官は、出向先のJAXAで理事だった2015年8月~17年3月、谷口元役員の営業先に便宜を図った見返りに、21回にわたって飲食接待(代金計約148万円)を受けたほか、タクシーチケットの提供も受けた。

 文科省をめぐる汚職事件では、川端前統括官のほかに、元局長の佐野太被告(60)が同省の事業選定で東京医科大に便宜を図る見返りに息子を合格させてもらったとする受託収賄罪で起訴されている。佐野元局長は容疑を一貫して否認しており、初公判の期日は決まっていない。