[PR]

 神戸市中央区にある指定暴力団山口組の中核組織「弘道会」の施設前で8月、弘道会系の組員(51)が銃撃された事件で、兵庫県警は3日夜、抗争状態にある指定暴力団神戸山口組の中核組織「山健組」組長の中田浩司容疑者(60)を殺人未遂容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。県警は組長が自ら8月の銃撃を実行したとみている。

 捜査関係者によると、中田容疑者は8月21日午後6時15分ごろ、弘道会(名古屋市)が神戸での拠点としている神戸市中央区熊内町9丁目の施設前で、買い物から車で帰ってきた弘道会系の組員を拳銃で撃って殺害しようとした疑いがある。組員は腹や脚など3カ所を撃たれ一時重体に陥った。現場には空の薬莢(やっきょう)6発分が残っていた。

 現場近くの防犯カメラには、バイクにまたがったままヘルメットをかぶった男が発砲し、そのまま逃走する姿が映っていた。県警は防犯カメラの映像や乗り捨てられたバイクの捜査から、中田容疑者が関与した疑いが強いと判断し、逮捕状を取って行方を追っていた。3日夜、大阪府内で兵庫県警の捜査員が逮捕したという。