[PR]

 サッカーJリーグの松本山雅(長野県)に、飯塚高校(福岡県飯塚市)3年の村越凱光(かいが)選手(18)が入団する。3日、在校生が見守る中で記者会見し、「エースストライカーになれるように、どんな時でも最高のパフォーマンスを披露できるようにしたい」とプロでの活躍を誓った。

 会見には、松本山雅のチーム統括本部スカウトの江原俊行さん、飯塚高校サッカー部の中辻喜敬監督が同席した。

 神奈川県出身。飯塚高校では中辻監督のもと、「人間力やサッカーインテリジェンスを高めて成長できた」という。中辻監督によると、最初はやんちゃな性格だったが、高校1年の時の敗戦を機に、学校生活や練習への取り組みが変わったという。高校時代で成長した点を問われると、村越選手は「礼儀」と答えた。

 最初にプロ入りの声をかけたの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら