[PR]

 多くの新幹線で車いすスペース付きの座席を使う際に前日までの予約が求められていることについて、赤羽一嘉国土交通相は3日、「こうした規制を入れているということは、個人的には大変けしからん話だ」とJRに運用の見直しを求めた。

 参院国交委で、重度の障害があるれいわ新選組の木村英子氏の質問に答えた。

 国交省令では、車いすスペースがある席を新幹線に設置するよう義務づけており、1編成に1~2席ある。JR西日本と東海、九州では、窓口や電話で予約する必要があり、前日までは優先的に確保しているが、当日は一般客も予約できるという。JR東日本は、グリーン席は2日前までの予約が必要だが、普通席は出発まで優先的に確保しているという。

 木村氏は「当日に車いすの方が購入したくても一般の方に買われてしまって、利用できないことが多い。そもそもたった2席しかスペースがないのだから、当日まで車いす利用者のみが買えるようにすべきだ」などと質問した。赤羽氏は「JRの対応は大変残念に思う」と応じ、「JRには抜本的に(対応を)見直すように、障害者の方々の声を直接聞くように強く求めたい」と述べた。

 新幹線には車いすスペース付きの座席のほかに車いす利用者が優先的に使える「多目的室」もある。JR東の深沢祐二社長は3日の記者会見で赤羽氏の発言について問われ、「色々な予約のシステムも進化をしていく形になっていくと思う。我々としても、より使いやすいサービスを追求していきたい」と述べた。(贄川俊