[PR]

 横浜市は4日、誘致を決めたカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、市民説明会を開始した。来春にかけて、市内全18区で順次、開催する予定。いずれも林文子市長が自ら説明に立ち、誘致への理解を求める考えだ。しかし、市民の反対は根強く、この日も会場の外では、市への抗議の声が上がった。(吉野慶祐、武井宏之、木下こゆる)

 説明会は市開港記念会館(中区)で開かれ、約440人が参加し、ほぼ満席となった。林文子市長や小林一美副市長ら市幹部が壇上に姿を見せ、午後7時に始まった。

 林市長が30分ほどかけ、人口減少や高齢化が進む市の将来への危機感や、法人市民税や観光消費額の増加に伸び悩む市の現状を説明。その打開策として、市への増収効果や経済効果の大きいIR誘致を決断したことを説明した。

 質疑応答は約30分。来場者が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら