本麒麟に続けるか サッポロ、第3のビールの新商品投入

有料会員記事

長橋亮文
[PR]

 サッポロビールは4日、第3のビール「ゴールドスター」を来年2月4日に発売すると発表した。キリンビールの「本麒麟(ほんきりん)」がヒットするなか、サッポロは第3のビール市場で苦戦を強いられている。新商品の投入で巻き返しをねらう。

 ゴールドスターは、サッポロの主力ビール「黒ラベル」に使う麦芽や「エビスビール」に採用するホップを使い、「飲み飽きないうまさ」が特徴という。350ミリリットル缶で税込み146円を想定する。

 サッポロの2018年のビール系飲料の販売量のうち、第3のビールの割合は4分の1ほど。「黒ラベル」などビールに集中的に広告宣伝活動を行ってきた影響もあり、競合他社に比べ「第3」の割合が低い。

 今春に出した新商品も伸び悩み、第3の1~10月の販売量は前年同期比92%にとどまる。高島英也社長は「ビールへの注力は変わらないが、(第3は)ないがしろにできるマーケットではない」と話す。

 10月に消費税率が8%から…

この記事は有料会員記事です。残り324文字有料会員になると続きをお読みいただけます。