第5回お医者さんごっこという性暴力 逃げていいと知ってたら

有料会員記事子どもへの性暴力

編集委員・大久保真紀
[PR]

子どもへの性暴力

写真・図版

 5歳のときだった。

 保育園から帰ってきて、長屋の隣の家に、いつものように遊びに行った。

 玄関を入っていくと、おじさんが出てきた。友人の姉妹は母親と出かけているという。帰ろうとすると、「おっちゃんと遊ぶか」と声をかけられた。

 「遊んでくれるの~。わ~い!」

子どものころに受けた性暴力は、心身に深い傷を刻み込みます。しかし、その多くは埋もれたままです。この状況をどうしたら変えられるのか。被害に深く傷つきながらも、勇気を持って実名で語る被害者たちに話を聞きました。

 幼かった柳谷和美さん(51…

この記事は有料会員記事です。残り2302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載子どもへの性暴力(全47回)

この連載の一覧を見る