[PR]

 国費を使い首相主催で開かれる「桜を見る会」をめぐり、朝日新聞社は熊本県内選出の国会議員の事務所に、過去3年間に後援会組織の会員や支持者の参加を募ったり、推薦したりしたかを聞いた。2議員の事務所が有識者らを若干名推薦していたが後援会員ではないとし、3議員は推薦していないと回答。2議員の事務所からは回答が得られなかった。

 11月、各議員の東京や熊本の事務所に取材。今春を含む3年間で参加を募ったことや、後援会員らが実際に参加したことがあるかなどを尋ねた。

 木原稔氏(自民、衆院熊本1区)の事務所秘書によると、近年は、木原氏が力を入れる安全保障関係のアナリストや研究者ら民間の有識者数人を推薦している。今春は「(木原氏が)党の国会対策委員会副委員長を務めていた関係で割り当てが多かった」として十数人を推薦した。東京の後援会が開く政治資金パーティーに参加したことがある支持者も含まれるが、いずれも熊本の選挙区民ではないという。

 馬場成志氏(同、参院熊本選挙…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら