[PR]

 スペイン・マドリードで開かれている第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)で、環境NGOでつくる「気候行動ネットワーク」(CAN)は3日、COP25で最初の「化石賞」に、日本など3カ国を選んだと発表した。

 化石賞は、地球温暖化対策に後ろ向きと認定された国に贈られる不名誉な賞。日本の受賞理由は、梶山弘志経済産業相が3日の閣議後会見で、石炭火力発電に関して、「石炭開発、化石燃料の発電所というものは選択肢として残しておきたいと考えております」などと発言したことだった。「科学を完全に無視している」と批判された。

 他の2国はオーストラリアとブラジル。(松尾一郎)