[PR]

 発達した低気圧の影響で、4日夜にかけて北日本の日本海側を中心に暴風雪になる恐れがある。気象庁が注意を呼びかけている。

 気象庁によると、4日朝現在、オホーツク海には発達した低気圧があり、冬型の気圧配置が強まっている。海上では5日にかけて大しけが続く見込み。

 5日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道で23メートル(35メートル)、東北では20メートル(30メートル)。

 降雪量は5日午前6時までの24時間に、北海道、東北ともに50センチと予想されている。北海道では、広い範囲で最高気温が氷点下となる真冬日となる見込み。