[PR]

 米西海岸のロサンゼルスから南へ車を走らせること1時間。アーバイン市に入ると、中国語で書かれた看板が目立ってきた。

 この十数年、市内で家を買う中国出身の富裕層が増えており、「ニューチャイナタウン」とも呼ばれている。街の中心部には2階建ての高級住宅が10棟立ち並ぶ一角がある。敷地内はヤシの木に覆われ、プールもあり、老夫婦がプールサイドで本を読んでいた。

 この地を記者が6年前に訪れた時には違った光景が広がっていた。おなかが大きなアジア系の女性が行き交っていたからだ。女性たちは産後ケアセンター「月子(ユエツー)中心」と呼ばれる施設に暮らし、赤ちゃん用の商品を抱えながら中国語で談笑する姿が見られた。

 月子とは中国語で産後1カ月を意味し、この間母親が十分な休養をとる習慣がある。米国は「出生地主義」を採っており、生まれた赤ちゃんは両親が外国人でも米国籍を得られるため、中国の富裕層や軍人の妻が渡米していたのだ。

 ところが2015年3月、この…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら