[PR]

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は4日、リクルートと、デジタル通貨の運営をめざした共同出資会社の設立に合意したことを明らかにした。MUFGの技術を用いたデジタル通貨を、リクルートの求人サイトや宿泊予約サイト上で決済やポイントサービスなどに使えるようにする。新会社は今年度中にも立ち上げ、来年上半期のサービス開始をめざす。

 新会社の設立は10月に基本合意した。出資比率はリクルートが51%、MUFGが49%となる見込み。「資金移動業者」の資格を得て通貨の運営をする計画だ。

 リクルートは、飲食店の予約サイト「ホットペッパーグルメ」や旅行予約サイト「じゃらん」のほか、住宅や結婚、美容など幅広い分野で情報サイトを運営する。これらの加盟店でデジタル通貨が使えるようになる見通しで、決済やポイントサービスで、利便性を高められるとみる。

 利用者は、銀行口座などからスマートフォンのアプリに入出金したり、QRコードなどでの支払いに使ったりすることができる。たとえば、仲間とレストランで食事をして幹事がまとめて払い、その場で代金をデジタル通貨で集め、割り勘にすることもできるようになる。個人間の送金などにも使える見込みだ。

 MUFGは2017年からデジ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら