[PR]

 東京都東久留米市の住宅で住人の男性が刃物で殺害された事件で、内縁の妻の次男で無職三ツ本寛己容疑者(28)の同市内の自宅から、サバイバルナイフ型の刃物が多数見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかった。傷口の形状などから、これらとは別に両刃のナイフが事件に使われたとみられ、警視庁は凶器の特定を進めるとともに、こうした刃物を集めていた経緯を調べている。

 三ツ本容疑者は11月8日の未明から早朝に、住宅の寝室で会社員二岡(ふたおか)一浩さん(55)を刃物で襲って殺害したなどとして、強盗殺人容疑で2日に逮捕された。容疑を否認している。防犯カメラなどの捜査から関与が浮上し、警視庁は11月に三ツ本容疑者宅を捜索。刃物を多数押収した。

 二岡さんは首や胸、腹の約70カ所を刺されたり切りつけられたりし、背中まで達する刺し傷もあった。傷口の形状などから、凶器は包丁のような片刃ではなく両刃の可能性がある。さらに、刃こぼれなどの形跡は確認されておらず、頑丈で厚みもあるとみられるという。特徴の合致する刃物は押収した中にはないといい、三ツ本容疑者が事件後に処分して証拠隠滅を図ったと警視庁はみている。