「数字遊びをしているだけ」と関係者 あやふや五輪経費

有料会員記事

前田大輔
[PR]

 来年の東京五輪パラリンピックの関連事業に対し、すでに1兆600億円が支出されたとの集計結果を会計検査院が公表した。「五輪経費」について、大会関係者は「数字遊びをしているだけ」とまで言う。五輪を開くのに、いったいいくらかかるのか。

 五輪経費は開催決定後、招致時には計上されていない項目が多数あることが判明して額が膨らんだ。数字が変動するあやふやさに加え、「経費」のとらえ方が立場によって違い、市民の不信感につながっている。

 競技場付近の交通網整備を含…

この記事は有料会員記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。