[PR]

 青森県八戸市の県立八戸盲学校(中谷えり子校長)で4日、同校の子どもたちと八戸工業高校の生徒らの演奏交流会が開かれた。児童、生徒ら約60人が音楽を通して交流した。

 交流会は1996年から毎年行われている伝統行事で、併設する八戸聾(ろう)学校の児童らも参加した。八戸工業高校からは、吹奏楽部、ボランティア部、生徒会が訪れた。

 盲学校小学部の小笠原孝太君(2年)が「来てくれてありがとうございます。楽しみです」とあいさつ。サンタクロースの帽子をかぶった吹奏楽部の部員たちが「勇気100%」「となりのトトロ」などの人気曲を演奏した。

 合同演奏では、盲学校の子ども…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く