[PR]

それぞれの最終楽章・離島に学ぶ(2)

「きゅ~ぬふから舎」管理者 坂東瑠美さん

 今回ご紹介する方は、浜川豊吉さん(享年81)です。若いころは漁師として活躍した方でした。「最期は自宅の畳の上から旅立ちたい」という思いを、「きゅ~ぬふから舎」と病院などが島一丸となって実現させました。

 手足がしびれたり、細かい動きができなくなったりする難病「頸椎後縦靱帯骨化(けいついこうじゅうじんたいこっか)症」のほか、肺気腫や糖尿病を患っていて、在宅医の訪問診療を受けていました。

 私たちは2008年から関わるようになりました。豊吉さんは話し好きの面白い方で、スタッフや在宅医に「(池間大橋がなかった)若いころ、宮古島まで泳いで渡って酒飲みに行ったよ」「漁師時代、イギリス船の大砲を引き揚げたよ」と武勇伝を語ってくれました。島の話をするのが好きで、特に海でのことをよく教えてもらいました。人の悪口は絶対言わない人で、いつも笑顔だった印象があります。

 漁や出稼ぎで一家を支えて生きた豊吉さんは、島で暮らせることが天国だと言っていました。そんな「島愛」が強いお父さんを知っている長女は、たびたび大阪から帰省していました。

 最終的には「最期は家で死にたい」と願う父を看(み)る覚悟を決め、息子の大学進学を機に島に戻ることにしました。帰島してちょうど1年後の13年8月、豊吉さんは肺気腫が悪化し、宮古島本島の沖縄県立宮古病院に入院。肺の水が取れたらすぐ在宅療養に戻るはずでしたが、約2週間後の夜、容体が急変したのです。

 妻や長女、親戚らが駆けつけ、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら