[PR]

 今季パ・リーグで最多勝に輝いた日本ハムの有原航平(27)が4日、契約更改交渉で、早ければ来季オフにポスティングでの大リーグ挑戦の意向を球団に伝えた。今季は15勝を挙げたがチームは5位。有原は「挑戦したい気持ちは入団時から持っていた。来年しっかりとした成績を残して挑戦したい思いを伝えさせてもらった」と話した。契約更改は7500万円増の1億4500万円と倍増した。

 有原について日本ハムの吉村GMは、「今年、最多勝、リーグトップの成績を残して、日本を代表する投手になっているよね。入団以来、成績を残してきているというのは大きな彼の主張する材料で、こちらは認めている。来年のチーム状況、彼自身の成績をしっかりと見ていかないとというのが現状ですね」と話した。日本ハムでは今オフ、俊足好打の外野手・西川遥輝(27)も大リーグ挑戦の希望を球団に伝えている。(金額は推定)