[PR]

 佐賀空港への陸上自衛隊オスプレイ配備計画問題で、佐賀市の秀島敏行市長は4日の市議会一般質問で、市も佐賀県と公害防止協定を締結していることから、防衛省と山口祥義知事が配備したいなら、市とも協議が必要との認識を示した。

 県は県有明海漁協に対し、公害防止協定で自衛隊との空港共用を否定。これに対し山口知事は、オスプレイ受け入れのために協定を変えたいと求めている。

 秀島市長は、山下明子議員(市民共同)に対する答弁で、県と漁協の協定を「覚書付属資料に『自衛隊と共用しない』とする約束がある。約束事は何にも増して優先されるべきもの。当事者がどうしたいのかを見届けたい」と述べた。

 市が、合併した旧川副町から引…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら