[PR]

 アフガニスタンで人道支援に取り組んできたNGO「ペシャワール会」(事務局・福岡市)の現地代表で、医師の中村哲さん(73)の乗った車が現地で銃撃された事件を受けて、ペシャワール会は4日午後、福岡市中央区の事務所で記者会見を開いた。

 会の広報担当理事・福元満治さんによると、現地からの情報として、中村さんたちはアフガニスタン東部・ジャララバードの宿舎から、クナール川沿いにある灌漑(かんがい)工事の作業現場に向かう途中に襲われた。中村さんは右胸に1発銃弾を受けたという。意識はあり、「命に別条はない」と連絡を受けているが、現地病院の集中治療室に入っているという。

 一方、車を運転していたアフガニスタン人の男性(33)は死亡したという。(佐々木亮、山野健太郎)