[PR]

 和太鼓演奏の「太鼓祭 第11回日本一決定戦」(日本太鼓協会など主催)が8日、さいたま市の大宮ソニックシティである。日本航空高校(山梨県甲斐市)の「太鼓隊」は、組太鼓一般の部で3連覇中で、最終調整に励んでいる。

 全国4ブロックの予選を勝ち抜いた20団体が出場し、組太鼓一般の部は8団体で競う。プロ・アマ問わず参加でき、審査に観客約2500人が加わる。

 太鼓隊は、5分の演奏で「川中島の戦い」を表現する。戦い前夜の場面は横笛の演奏で始まる。「かつぎ桶(おけ)太鼓」や「中胴太鼓」の音で戦いを表現し、場面転換の強弱や「ヨイサー」のかけ声、表情などで高揚感や静けさを伝える。

 「乱雑、がむしゃらじゃ気持ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら