[PR]

 イタリア・トリノで体調を崩し、11月中旬から現地の病院に入院していた漫画家の松本零士さん(81)が5日午前に帰国した。

 現地の病院によると、松本さんは搬送直後は気管内挿管などの緊急の治療を受けたが、11月20日に回復病棟に移り、肺炎の治療を受けた。松本さんの事務所によると、体調は安定しているが、今後検査入院をする予定だという。松本さんは「体調が万全になりましたら、また近々皆様とお会いしたい」などとコメントした。

 松本さんは、自身の作品がイタリアで放映されて40周年を記念するイベントに参加するため、11月14日にトリノを訪問。翌15日午後、「銀河鉄道999」の上映会に出席するため、地元の映画館を訪れていた。

松本さんコメント「正直驚いています」

 イタリア訪問中に病院に救急搬送され、4日午前(日本時間同日午後)に退院した漫画家の松本零士さん(81)が5日、映画配給会社「東映」を通じてコメントを出した。

【コメント全文】

 ファンの皆様にはご心配をおかけしました。自分が気付かない間に、大騒動になっていて、正直驚いています。しっかり検査してもらい、体調が万全になりましたら、また近々皆様とお会いしたいと思っています。それまで、どうか静かに見守っていただければ幸いです。