[PR]

 能代市・三種町・男鹿市沖での洋上風力発電の事業化を進めている大林組(本社・東京都港区)が11月30日と12月1日、事業計画と環境影響評価(アセスメント)の結果を2市1町で説明した。合計約130人の住民らが参加し、「風車を海岸からもっと離してほしい」などと求めた。

 大林組は7月、東北電力と関西電力の電力大手2社、秋田銀行をはじめとする地元8社とともに出資して秋田県北部洋上風力合同会社(代表社員・大林組)を設立した。この合同会社が今後、事業化を進めていく。

 洋上風力が計画されている2市1町沖の海域は、2015年に県が選定した。洋上風力の導入促進に向けて今年4月に施行された再エネ海域利用法に基づき、国が7月に「有望な区域」として指定した全国4海域に入っている。

 説明会で示された事業計画では…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら