[PR]

 ゲノム編集技術で遺伝情報を改変した受精卵を使って赤ちゃんを誕生させることは禁止されることになった。厚生労働省の専門委員会は4日、法規制を含めた制度をつくるべきだとする報告を大筋でまとめた。政府は今後、法律や指針づくりを進める。

 ゲノム編集技術を人間の受精卵に使って赤ちゃんを誕生させることは、安全性や有効性、倫理面からの問題を指摘する声が多い。

 厚労省の専門委では、ゲノム編集技術を受精卵に使うことで意図しない遺伝子の改変が起こる懸念や、世代を超えて影響が残るおそれがあるとし、法律で規制する必要があるという意見が大勢を占めた。

 一方で、技術の進展の速い分野でもあり、専門委でも「将来的な臨床利用の可能性を閉ざすべきでない」と、規制後も柔軟に対応できるようにすることを求める委員も少なくなかった。

 ゲノム編集は、生物の設計図で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら