拡大する写真・図版 送別会で日本での同期の技能実習生や日本人の社員らと写真におさまるファム・ティ・チャー・ミーさん(左から4人目)(2019年5月30日、実習先の会社提供)

[PR]

 日本で技能実習生として3年間働いたそのベトナム人女性は、「また戻ってきたい」と言って今年6月に帰国した。10月、彼女は英ロンドン近郊で亡くなった。密入国しようとしたベトナム人39人がトラックのコンテナから遺体で見つかった事件で、犠牲になった一人だった。「また日本に来てくれていたら……」。かつての同僚らが朝日新聞の取材に語った。

 この元実習生はファム・ティ・チャー・ミーさん(26)。ベトナムの首都ハノイから南へ330キロ離れたハティン省カンロックの出身。2016年6月に日本にやってきて、神奈川県相模原市にある食品会社の工場で働き始めた。

チャー・ミーさんが日本語で将来の夢について書いた文章とイラストが会社に残されていました。「私の夢は化粧品の店を開くことです」「名前は『さくら』」「壁はしろとピンクにぬります」

 工場には従業員が500~60…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら