[PR]

 岐阜県北方町のスーパーマーケットで8月、複数の客らがのどの痛みなどを訴え、子ども5人を含む11人が救急搬送された事件で、県警は5日、催涙スプレーをまいたなどとして、同町の無職の男(25)を威力業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「女の子のむせた顔が見たかった」と容疑を認めている。

 捜査1課によると、男は8月6日午前10時半ごろ、スーパーマーケット「カネスエ北方店」のレジ近くにいた女児らに催涙スプレーをまき、従業員や客を体調不良にさせ、同店の営業を妨害した疑いがある。この影響で、同店は2日間にわたり営業を休止。22万点の商品(原価計約2990万円)を廃棄したという。

 男は、9月に同県大垣市内のショッピングセンターの売り場で女児に向けて催涙スプレーを噴射したとして、暴行容疑で逮捕され、11月に暴行罪で起訴されている。