[PR]

 ほかの車の走行を妨げる「あおり運転」。全国で多発し、社会問題化したことを受け、いま関係する法律の整備が進められようとしている。

 現在の道路交通法には、あおり運転そのものの規定はない。そのため、警察庁は法改正を検討し、新たに禁止規定を設ける考えだ。同庁は6日、自民党の関係委員会で方針を説明。来年の通常国会への道交法改正案提出を目指す。

 あおり運転について警察は、車間距離保持義務違反などで取り締まってきた。悪質なケースには、暴行や強要などの容疑を適用しているのが現状だ。そうした事案の続発で、警察などでは防止に向けた啓発活動や取り締まりの強化に取り組んできた。

 今度の法改正に向けた警察庁の方針では、通行妨害を目的に一定の違反をし、事故を起こしそうになるといった交通の危険を生じさせる恐れがある場合をあおり運転と規定する。対象の違反は、車間距離不保持や急ブレーキ、急な進路変更などを想定している。

 さらに、こうした運転で高速道路上でほかの車を停止させるなど、著しく交通の危険を生じさせることも禁止行為として定める。意図的な妨害目的にあたるかどうかは、ドライブレコーダーの映像や関係者の証言などから判断するという。

 罰則は、暴行罪(2年以下の懲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら