[PR]

 ファミリーマートは5日、アパレルのアーバンリサーチと組んだ新店舗「アーバン・ファミマ!!虎ノ門ヒルズビジネスタワー店」を2020年2月12日に東京・虎ノ門に開くと発表した。互いの売り場を訪れた客に「ついで買い」を促すなどし、店全体の売り上げを増やす戦略だ。30~40代の働く人がターゲットという。

 ファミマはドラッグストアやカラオケなど異業種との融合店舗の展開に力を入れているが、アパレルと組むのは初めて。アーバンリサーチは今回、ファミマと加盟店契約を結び、ファミマの店舗運営に乗り出す。ファミマの客動向をつかみながら、アパレル需要を掘り起こす。

 新店舗は、再開発で新設される「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」に入る。約580平方メートルの真ん中に飲食スペース(38席)を設置。それを境に、ほぼ半分ずつファミマとアーバンリサーチの売り場となる。

 アーバンリサーチの売り場には、衣料品のほか、廃棄衣料などを再利用したスマホケースやバッグ、オーガニックコスメなども並ぶ。「サステイナビリティー(持続可能性)」をキーワードに、環境意識の高い人向けに新たなライフスタイルを提案するという。夜はクラフトビールなども提供する。