悠仁さま、少年の主張大会に出席 佳子さまと二人で公務

令和・即位

長谷文

 秋篠宮家の長男悠仁さま(13)は8日、姉の佳子さま(24)と共に、「第41回少年の主張全国大会~わたしの主張2019~」に出席した。お二人だけで公務に臨むのは初めて。

 大会では12人が発表した。自らが抱える視覚障害について説明することで、友人と互いを認め合うようになった体験や、祖父が亡くなった後、悲しみを抱える祖母と関わることで実感した直接会って話すことの大切さなどの主張が披露された。悠仁さまと佳子さまは一人ひとりの主張に耳を傾けた。

 主催者の国立青少年教育振興機構の担当者によると、今回の応募総数は全国47都道府県から約48万人。身近な家族などについてのテーマが多かったという。(長谷文)