拡大する写真・図版道路が冠水し、浸水した車=2019年10月13日午前6時32分、水戸市田野町、佐々木凌撮影

[PR]

 大雨で道が冠水し、車内が浸水し始めたときにどんな対処ができるのか――。台風19号や21号による記録的な大雨で、車で移動中に亡くなる人が相次いだため、国土交通省は浸水した車に起きる不具合をまとめた。担当者は「車は浸水に弱い。どのタイミングでどんな不具合がありそうかが頭に入っていれば、役に立つかもしれない」と話す。

 10月に関東や東北などに被害をもたらした台風19号では、20人以上が車で移動中に大水に巻き込まれ亡くなった。台風21号でも、車内で死亡した人が複数いた。道路の冠水で車が動かなくなり、逃げ遅れるケースもあった。

 このため国交省は、国内の車メーカー8社に聞き取りをし、浸水で車にどんな不具合が起こるかをまとめてユーザーに知らせることにした。

 まず、冠水している場所はなるべく避けることが一番だ。路面が見えづらくなり、車輪が側溝など路外に落ちる可能性も出てくる。

 ただ、冠水している道路に入っ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら