拡大する写真・図版 福玉をつくる藤谷攻さん=2019年12月5日午後3時50分、京都市東山区、佐藤慈子撮影(固有名詞が書かれたメモなどにモザイクをかけています)

[PR]

 新年の縁起物「福玉」づくりが、京都市東山区の祇園町で追い込みを迎えている。

 福玉は、半球状に薄く焼いた直径約20センチの紅白の餅を水で貼り合わせて作り、中には来年の干支(えと)の置物や七福神、宝船などの縁起物を入れる。元々、年末に芸舞妓(げいまいこ)らがお茶屋やなじみの客から一年のねぎらいにもらっていたもので、除夜の鐘が鳴り終わってから割って開け、中身によって新年の運気を占う風習があったという。

 「京都の花街に残っている文化…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら