[PR]

 国の税金を使って首相が主催する「桜を見る会」の招待者名簿をめぐり、公文書管理に詳しい瀬畑源・成城大非常勤講師が5日、朝日新聞の電話取材に応じた。瀬畑氏は、国会議員への資料提供は行政文書に限られるとする政府見解を、「行政文書が残っていないから説明しませんなんて、筋が通らない」と批判した。主なやりとりは次の通り。

 ――菅義偉官房長官は5日の記者会見で「国会議員からの資料要求は行政文書を前提としている」と述べた。

 「資料要求に対し、これまでも行政文書で全て対応しているのか疑問だ。与党議員に説明する時も行政文書だけで行っているのか。議員から問い合わせがあった際、行政文書を作っていなかったとしても、しっかり調べて調査結果を答えるのが官僚組織のあり方だ」

 「行政文書として存在しないから説明しません、という説明は不自然でしかない。バックアップデータが残っていたならなぜ復元しなかったのか、という素朴な疑問から逃れる言い訳にしか聞こえない」

 ――政府は、バックアップデータは行政文書に当たらないという見解を示している。

 「公文書管理法上、バックアッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら